真面目なお話用

そこに”説得力”はあるか ~ODK的オトナ論~


僕は赤信号を渡らない



当たり前だよね



車だろうが歩きだろうが、赤なら渡らない



横断歩道で目と鼻の先に対岸があっても渡らない



………これも当たり前って言える?



通勤時、いつも僕はとある短い横断歩道を通る



僕はそこで信号が青になるのを待っていた



対岸にいたオトナたちは、遅刻の可能性があるのか次々と小走りで渡っていた



信号は赤のままなのに



その時だった



僕の後ろから颯爽と駆けてきた小学生の男の子



横断歩道の手前で少し躊躇はしたが、そのまま走って渡ろうとした





男の子がふと振り返って、信号待ちをしていた僕と目があった



男の子は一瞬「ハッ」とした表情を浮かべ



渡りかけてた横断歩道から僕の横へ戻ってきた



その間も、何人のオトナたちが赤信号を渡っただろう



男の子が横で、少し不安そうに僕を何度かチラッと見ていた



大丈夫だよ、怒ってないよ?



むしろこのとき、僕が嬉しかったのは



僕は何も言っていないし


怒鳴ってもいないし


もちろん、手をあげたりもしていない



だけど、男の子が何も言っていないのに戻ってきたという事は



きっとその男の子は「赤信号は渡ってはいけない」という事をしっかりと認識しているんだ



それでも途中まで渡ってしまった








オトナってずるいよな



カッコ悪いよな



自分の都合で



赤信号は青信号になるんだもんな



些細なことだと笑うかもね



そういう例なら通勤時に見た風景でたくさんあるよ



通話禁止の電車内で仕事の電話をし



駅の上り階段は下り階段になる



降りる人より先に乗り込み



駆け込み乗車は禁止なのに全力で駆け込む




些細?



立派なルール違反でしょう



そして「誰」が作ったルールだ?




そんな些細なことも守れないから



お金が欲しければ奪うし



身勝手な理由で人が命をかけて産んだ子供だって連れ去るし



人の過去も未来も奪うでっちあげ話を広めて嘲笑し



一時の感情で命をも奪う



大変だから、苦しいから仕方ないとか



罪の重いとか軽いとか、そういう話じゃない



どいつもこいつもルール違反だ



「性善説」なんてとっくにぶっ壊れてるのかもしれない



「正義」はどこにある?



さっき言った中で、たぶん一般的に軽くみられている事を例にしよう



僕の目の前で信号無視をしたオトナ達に聞きたい



自分の子供に「赤信号は渡っちゃダメ」って言える?



仮に学校の先生がいたなら「校則は守りなさい」って生徒たちに言える?




今の世の中に問いたい



これからの子供たちに「悪いことはしてはダメ」って



堂々と言える?



子供はしっかりと見てるんだよ



しっかりと感じてるんだよ



僕も小さいころはよく言ってしまっていた



「だって周りの人だってやってるもん」




その「周りの人」に「オトナ」が含まれていてどうする




「悪い例」を見せる存在として、その中に含まれないように生きよう



姿勢だけじゃなく

発する「言葉」でさえも「伝わらない無意味なもの」になってしまうから






その反面、決して忘れてはいけない



それと同じくらい、オトナの「良い例」もしっかりと見てる事を



言葉で教えなくても、懸命に真似して学んでるし



心の中で善悪の判断材料にもするし



オトナの姿勢に、生き方に、自分の将来の夢を描くことだってある



「人の生き方」は連鎖すると思う



いま自分を含めた「オトナ」と言われる一人一人の生き方は



きっと後世につながる



一人一人の姿勢が



一人一人の足跡が



手本になり、基準になり、勇気になり、希望になり、夢になる



子供がどんなに澄んだ意見や考えを持っていたって



「きれいごと」と鼻で笑われる世の中かもしれない



どんなに大きな夢を描いたって



「前例がない」と鼻で笑う人がたくさんいるかもしれない




これからの子供だけじゃなく、今を生きる僕らオトナも


同じような事と戦っている日々だと思う




それでも



それでも僕らは



自分に残せる「足跡」を残そう



自分に見せられる「姿勢」を示そう



「自分」を残そう



自分の「正義」を貫こう



それはきっとこれからの「希望」を



「未来」をつくるはずだから




それに、そういう人の「言葉」って、きっと伝わる





そこには "ある力” が宿るから






…いや、「言葉」もいらないかもね







僕の隣に男の子が戻ってきたように





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

15
「楽しく仕事したい!」と決意し30歳で会社を退職、カメラ購入と同時に開業。バイトで生活費を稼ぎながら写真撮影、動画・インタビュー記事制作などの案件を頂きその人の魅力を発信中。Instagram⇨https://www.instagram.com/odk1987/?hl=ja

コメント13件

ものっっすごーくわかります!ああ、ODKさんが眩しい☆
この文章をそのままポスターにして日本中に貼りたいです!!!
まずはTwitterで拡散させてくださーい( ´ ▽ ` )ノ
ずんこさん ありがとうございます☆(*´▽`)そして!!すごい!!!その山本五十六の言葉、実は僕の座右の銘です♪笑 社会人になって「説得力のある大人になりたい」って漠然と悩んでいたときに出会えた言葉です♪僕…「やってみせ」ることができました!!(TωT)言葉と行動が伴った瞬間だったので、嬉しかったですね!今後もそうあり続けたいと思います!!(*^ー゚)b
そらさん ありがとうございます♪やはり同じような違和感って、けっこう持ってる方いらっしゃるんですね…また周囲の大人のそういう行動を目にしてしまうと、親としても軌道修正に気を遣うし大変だと思います。どこかで大人も「自分がしっかりしたって、周りの大人がダメだから意味ない」というような「周りの人もやってるじゃん」精神が抜けない部分ってあると思うので、たとえわずかな行動でも、一人ひとりが心がければ大きな影響を与えるっていう事を忘れちゃいけないと思いますね♪(*^ー゚)b 「矛盾のない生き方」…まさにそれです!さすがそらさん、ありがとうございます☆
ナガユキさん いつも本当にありがとうございます♪そうなんですよ~最近「全身にLEDつけて生活する」っていうのがマイブームでして…( *´艸`)ポスターなんてそんな!!たぶんこのままポスターにしたら文字数あるし視力検査みたいになっちゃうだろうなぁ…って思ってたら、そらさんが「矛盾のない生き方をしよう」という見事にやずやのにんにく卵黄レベルにぎゅっと凝縮してくれましたので、ぜひそれをキャッチコピーに♪ヽ(○´3`)ノ でもまぁ、一人ひとりが意識して姿勢でみせれば、言葉もメディアも用いないでも拡散できるかもしれませんね☆ツイート感謝です!!今回は「リツイート」させていただきますね☆(*^ー゚)b
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。